データ入稿ガイド
データ入稿なら更にお安く作れます
お客様ご自身で版下データを作成・ご入稿ならプリント料金が更にお安くなります。手描きの原稿ももちろんOK。当ガイドをもとに、デザインをご用意ください。
データ入稿とは?
「データ入稿」とは、版下の作成を全てお客様ご自身で行い、「完全版下」の状態でご入稿頂くことを表します。「データ入稿」でのご注文の場合、プリント料金が通常価格よりも割引きされるため、お安く制作ができます。デザイン制作経験のある方や、手描きのイラストをそのままプリントしたい方に適したご注文方法です。ご入稿後、弊社で修正が必要な場合には、「通常料金」となります。
メールに添付
メールに添付
それ以上の容量のデータは、メディア郵送にてお送りください。
CD-R等のメディア/アナログ原稿を郵送
CD-R等のメディア/アナログ原稿を郵送
返却をご希望の場合は、事前にお知らせください。
ご来店時に直接渡し
ご来店時に直接渡し
CD-R等のメディア、またはアナログ原稿をご持参ください。
データでのご入稿について
Win / Mac でのデータ入稿が可能です。
対応アプリケーション
イラストレーターの場合
原稿はプリント原寸にてご用意ください。
(通常版 35cm×32cm以内 / 特大版 40cm×38cm以内です)

線の太さや線と線の隙間、文字の中抜け部分は0.5mm以上に設定してください。(0.5mm以下の箇所は潰れが生じる恐れがあり、成り行きとなります)

フォントを使用している場合は、必ず「アウトライン化」してください。

レイヤーのロックや不可視レイヤー、プリントロックはすべて解除してください。

多色プリントの場合は、版ごとに「レイヤー分け」してください。

製版時の出力トラブルの原因となりますので、孤立点や余分なアンカーポイントは削除しておいてください。

郵送でのご入稿の場合は、原寸または実寸を明記した「縮小出力見本」を、メール添付にてご入稿の場合は、.jpg / .gif / .png などに圧縮した「仕上がり見本」を付けてください。
フォトショップの場合
原稿はプリント原寸にてご用意ください。
(通常版 35cm×32cm以内 / 特大版 40cm×38cm以内です)

線の太さや線と線の隙間、文字の中抜け部分は0.5mm以上に設定してください。(0.5mm以下の箇所は潰れが生じる恐れがあり、成り行きとなります)

1色プリントの場合、解像度400dpi以上の「モノクロ2階調」のデータでご入稿ください。その際センタートンボを入れてください。

多色の場合はトンボを合わせた版別の書類を作成して頂くか、出力して「アナログ入稿」してください。
その他のアプリケーションで制作したデータ
 上記以外のアプリケーションには基本的に対応いたしておりません。
 一度出力して頂き、「アナログ原稿」としてご入稿ください。
手描き原稿について
黒マジックで、白紙に描かれた原稿に限ります。(鉛筆やボールペンで描かれた原稿、また方眼紙等の線の入っている用紙はご入稿頂けません)

・原稿はなるべくプリント原寸に近い大きさでご用意ください。(多少の拡大・縮小は可能です)

線の太さは0.5mm以上でご用意ください。(線と線の隙間や文字の中抜け部分も同様)
多色プリントについて
版分けについて
多色プリントの場合は、「版分け」まで済ませたデータでご入稿ください。
イラストレーターまたは、フォトショップで制作される場合は、合わせたトンボを付け、版ごとに「レイヤー分け」をしてください。その際下記をご参考に、データは「毛抜き合わせ」で制作してください。
毛抜き合わせ(ケヌキアワセ)とは?
色面などを隣り合わせに配置する際、境目がないようにぴったりとくっつけてレイアウトすることを指します。隣接した多色デザインの場合、色同士を重ねていくのではなく、色ごとの形に切り抜いた状態で合わせる事を「毛抜き合わせ」といいます。
※実際のプリント作業では、「毛抜き合わせ」では行わずトリッピングを入れて行います。(トリッピング作業はご入稿後、弊社にて行います。)


版分け代行について
上記の「版分け」作業まで行って頂き、「データ入稿」でのご注文となります。「版分け」をお済みでないデータや「版分け」のみを弊社にご依頼される場合は、デザインに応じた手数料が発生する場合があります。


多色の手描き原稿について
基本的には弊社にて「版分け」作業を行います。(デザインに応じて手数料が発生する場合があります。)
デザイン製作にあたっての注意点
名前などを入れる場合は誤字・脱字・スペル間違いがないか注意して下さい。
誤字・脱字・スペル間違いには十分注意して下さい。
(プリント後に誤りのご指摘を頂きましても、補償致しかねます。予めご了承下さい。)

人の顔・陰影で描いたデザインは要注意。
人の顔や陰影で描いたイラスト等がデザインに含まれる場合(図1)、濃い地に薄いインクでプリントすると人物の表情や雰囲気などがだいぶ変わってしまいます(図2)のでご注意下さい。

こうなるのを避ける一つの方法として、(図3)のような原稿にすると、(図4)のような仕上がりになります。完全版下入稿の場合以上の点を踏まえてデザインして下さい。

デザイン依頼のお客様は(図1)を(図3)にする作業もこちらでさせていただきますが、修正の過程でイラストの風合いが比較的変わる場合があります(デザイン終了後確認していただきます)。